トップページ > 地産地消でヘルシーに おいしい新発田召し上がれ > 食べて健康めざせ100彩

食べて健康 めざせ100彩

新発田市では、子どもから高齢者まで自分らしく彩りのある暮らしを送ることができるよう「めざせ100彩」を合言葉に健康づくりを進めています。
健康づくりの第一歩、望ましい生活習慣を身につけ、いつまでも健康でいきいきと暮らせるよう、しばたの健康ヒーロー100彩マンと、楽しく健康づくりに取り組みましょう。
ここでは、おいしく、気軽に、健康に近づく食の活動を中心にお伝えします。

食べて健康めざせ100彩

健康の増進と生活習慣病予防のため、「望ましい食習慣の確立・定着」「運動習慣の定着」「健康管理の定着」の3本柱で健康づくりを進めています。

健康分野の事業(食)を紹介します

食べて健康めざせ100彩(事業の紹介・報告)

げんきちゃちゃちゃ! の朝ごはん発表会の様子

げんきチャチャチャ! の朝ごはん発表会

親子料理教室の様子

親子料理教室

「めざせ100彩」を合言葉に健康に!

健康づくりの3つの柱

望ましい食習慣の確立・定着
  1. 朝食を毎日食べよう
  2. 野菜をたくさん食べよう
    (毎日両手に山盛り1杯350g以上)
  3. うす味にしよう
  4. 主食・主菜・副菜を食卓に
    そろえて食べよう
  5. ごはん等の穀類を食べよう
  6. 1日1回は家族や仲間等と
    ゆっくり食事をとろう
運動習慣の定着
  1. 近くの外出は歩くようにしよう
  2. 自分に適した運動を
    取り入れて継続しよう
  3. 家族や仲間等と
    楽しく体を動かそう
健康管理の定着
  1. 定期的に自分でできる健康チェックをしよう
  2. 年に1回は健康診査を受けよう
  3. 健康づくりに取り組もう
  4. 健康づくりを支え合おう
  5. 主観的健康感を高めよう

    ※疾病の有無に関わらず自分は
    健康であると感じられること

[めざせ100彩健康づくりについてはこちら]

望ましい食習慣の確立・定着で「めざせ100彩」

「食」からはじまる健康づくり

市では、生活習慣病予防のため、朝食を毎日食べる、野菜をたくさん食べる、適塩生活を送ることができるよう応援しています。

[100彩マンと食習慣改善はこちら(PDF)]

[おいしい顔にいがたの食育はこちら]

歌って踊って食育しよう

「朝ごはんを毎日食べること」「野菜をたくさん食べること」を願って作成した、新発田市オリジナルの食育ソング「げんきチャチャチャ! の朝ごはんⅡ」。

市内保育園・幼稚園での食育に活用されています。しばたの健康ヒーロー100彩マンによる歌を活用した食育教室も実施しています。

[「げんきチャチャチャ! の朝ごはんⅡ」歌詞・踊り方はこちら(PDF)]

[「げんきチャチャチャ! の朝ごはんⅡ」ダウンロードはこちら]

※この曲の著作権は新発田市に帰属します。

※非営利目的及び食育推進の目的で使用する場合に限り、複製・再配布を認めます。

[100彩マンとたのしく食育! はこちら]

げんきチャチャチャ!の朝ごはんⅡ CDジャケット

CDジャケット

園での食育教室の様子

園での食育教室

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」

6月の「食育月間」、毎月19日の「食育の日」をきっかけに、ご自身、家族の「食」を考えてみませんか。
市では市内食品販売店、健康づくり支援店等と連携し朝食や野菜摂取の大切さを周知しています。
新潟県では健康づくり支援店を指定しています。健康に配慮した「情報・メニュー・サービス」などの提供を行い、みなさんの健康づくりを応援するお店として、新潟県が審査し、指定したお店です。
食育の日にあわせて健康づくり支援店をぜひご利用ください。

[健康づくり支援店はこちら]

健康づくり支援店の目印

健康づくり支援店の目印

からだにいいレシピ紹介

□広報しばたで掲載している朝食レシピを紹介します。

[H15~H23 我が家の朝ごはんはこちら]

□旬の野菜レシピ

市民のみなさんの野菜摂取量は国や市の目標の1日350g以上まであと50g必要!
(平成21年度市民健康栄養実態調査)
旬の野菜をおいしく摂れる「旬の野菜レシピ」で野菜料理を食卓の1品に加えましょう。

□しばたの朝ごはんレシピ集

新発田の地場産野菜を使ったメニューや忙しい朝にピッタリの簡単レシピ集です。

あなたも早わざ!! しばたの朝ごはん

市民健康栄養実態調査の実施

市民のみなさんの健康状態や栄養摂取状態を把握して、より効果的な生活習慣病の予防活動を展開していくため、平成21年11月に、市内全域を対象とした”市民健康栄養実態調査”を実施しました。

[平成21年度市民健康栄養実態調査結果はこちら]

↑PAGE TOP